ページトップへ

家づくりの思い

木のプロがつくる 本物の木の家

寺島製材所が一番大切にしていること

皆さんは、木でできたものを見たとき「ホッ」としたり、心が静かになったりしたことはありませんか?
私たち日本人には、そのような感性が生まれつき備わっているといわれています。日本には、生活するすぐ近くに昔からたくさんの山々があったからかもしれません。その自然にある感性を家づくりに活かしていくこと。これが私たちのスタンスです。

また、寺島製材所の家は、自社の設計士がスペシャリストとして設計し、施工についても厳しい監督の目を光らせています。決して派手さはありません。その代り、優しく人を迎え入れ、そして癒してくれるような温かさがあります。寺島製材所が目指す家づくりはまさに、そのような家です。

群馬県産材にこだわる本物の木の理由

最近、木を使った家も増えてきました。ただ、気を付けないといけないのが、木は生き物だということ。安心して末永く木の家に住み続けるには、木が持つ性質を見極め、1本1本用途に合わせた家づくりができる「木のスペシャリスト」がいるからこそです。

そして、寺島製材所が県産材にこだわるのは、その木が育った気候風土に近い場所で家を建てることができるから。育った環境と建てた場所の差があるほど、材木には負荷がかかってしまうからなのです。

後悔しない家づくりをしていただくために

例えば収納の位置一つとってみても、家は暮らしやすい実用性が高くなくてはなりません。でも、新居での満足な暮らしのイメージを一から十まではっきりと持たれている方は少ないものです。だからこそ、住宅建築のスペシャリストとして、お客様との会話の中からそのヒントを見出し、一邸一邸練り上げたオリジナリティ溢れる家づくりをしています。

また、専門家として知識と技量と感性を駆使して、光や風、空気の流れや環境を考え、永く住んでも飽きの来ないエコな暮らしができる家、そして家族が仲良く安心して暮らせる家をご提案しています。そうしたことで真の快適性を得ることができ、家づくりをしてよかったと心からご満足いただけるものと確信しています。