ページトップへ

木造建築としての取り組み

木造住宅の骨組みは木材です。

①優良木材をたくさん使って建てています。

寺島製材所では、1棟30坪の住宅の場合、約20㎥の木材を使用しています。
(トラックの積み荷で換算した場合は次のようになります。)

  • 寺島製材所の家づくりに使用している木材量(約20㎥)

2tトラック5台分

  • 他ビルダー・工務店の家づくりに使用している木材量(約18㎥)

2tトラック4.5台分

  • ローコスト住宅の家づくりに使用している木材量(約15㎥)

2tトラック4台分 弱

木材使用量は、会社によってバラツキがあります。木造住宅の場合、木材は骨組みを担うことになりますので使用する木材が多いということは、しっかりした安全な家づくりにつながります。長い年月が経ちますと、その効果を実感できるようになります。

 ②構造材には、しっかり乾燥した木材を使用しています。

木材はしっかり乾燥することで強くなります。

 

木材は、しっかり乾燥することで強くなります。そしてその乾燥の度合いは、含水率で表すことができます。
表の様に、含水率が30%を切ったころから、外部からの力に対しての強度が増しますが、現在ぐんま優良木材として認定を得るためには含水率が20%以下であることが必要です。20%を切りますと、充分な強度を得ることができると言われています。

当社では、自社工場内に高温蒸気式の木材乾燥機を備えており、含水率は現場搬入時で8%~12%で推移しております。ぐんま優良木材としてはもちろん、水分量の安定といった点でも建てた後の不具合を抑えることができる水準です。