ページトップへ

会社概要・沿革

会社概要

昭和10年創業。製材所としての歴史は80年以上と永く、家づくりは昭和28年より東京の建売住宅建築から開始しました。
その後、群馬県北群馬郡を中心に建売住宅に着手し、昭和40年に注文住宅に移行し併せて製材工場の設備を充実させました。
以来、注文住宅を中心に木造住宅にとって木材の品質がいかに重要であるかを伝え続け、地域密着の工務店として歩んでまいりました。
(写真中央が初代社長)

  

 

 昭和58年 坂東工業団地に製材工場移転。渋川市の都市計画により、渋川中心市街地にあった製材工場を現在の北橘町に移転し、一層の設備の充実を図りました。注文住宅に対応できる様、高品質な木材の提供を可能にし安心・安全な住宅建築を目指し、新たなスタートを切りました。(右端が2代目社長) 

 

                   坂東工場落成 

 

平成7年 坂東工場敷地内に新事務所を建設。
木造住宅ながら2階事務所は、大断面を使用した大空間となっており、勾配天井やのぼり梁がダイナミックに現れています。
また、当時では珍しい窓はすべてオール樹脂サッシを使用。気密と断熱に優れ、床暖房完備や最先端の設備で充実した職場環境となっています。

平成11年 坂東工場が「ぐんま優良木材生産工場」として認証。
認定を受けるためには、群馬県内において木材製品の合法性・持続可能性を証明されていることを条件とされ、かつ施設に相当の広さがあり、乾燥施設を持っていることなどが必要とされます。加えて生産量や出荷の実績も認証の必要条件とされました。

 平成17年 事務所内にショールームを開設。
事務部をまとめ、ショールームとして使用するため改装を行い、大空間を利用した展示スペースやを設けました。照明や収納をスタイリッシュなものに揃えるとともに打ち合わせスペースの充実を図りました。ショールームには、床材の張り分けや柱材や土台などの見本から、設計のコンセプトや施工写真がずらりと並んでいます。

  

 

 

平成27年 創立80周年記念式典・祝賀会開催
会社近くのアルバート邸にて、平成27年4月25日(土)多くのお客様をお招きし開催となりました。式の途中で80年を振り返るムービーが流れると、永い会社の歴史に感慨深い想いで、皆、真剣に見入っていました。社員全員で成し遂げた創立80周年記念式典・祝賀会は、90周年100周年へと会社の飛躍を誓い閉会となりました。

こうした式典が開催できますことは、今まで多くのお客様がいてくださり、関係会社の皆様、会社を支えてきてくださった諸先輩方のおかげと、心から皆様に感謝を申し上げたい・・そんな1日だったと改めて思います。