ページトップへ

家づくり10ポイント

家づくり10ポイント

Point1

全ての構造材が無垢材
木造住宅の軸組となる構造材は、すべて無垢材を使用しています。
寺島製材所で建てる家は、すべてが「ぐんま優良木材使用住宅」となります。
構造材に集成材を一切使用せず、県産材を中心に良質な木材を選木して使用しています。
産地に近い所で住宅に使用できるため、木材にとっては、気温や湿度が育った環境に近い状態で生き続けることができます。

Point2

木材一本一本の木目が細かい
一般的に使用される木材より、木目が細かく重量がありずっしりと重いものを使用しています。
樹齢でいえば70~80年の厳選された木材を使用するため、目が細かくかたくてしっかりしています。

Point3

土台はヒバの無垢材を使用
木の赤身といわれる中心部のみを使用しているため、腐朽菌に強くシロアリに強いのが特徴です。
もともとが大木であったため木目は非常に細かく重量があり、土台のような地面に近い所で使用するには最適な樹種です。
ヒノキチオールに似た揮発成分を持っているため防虫能力が非常に高くなります。
乾燥に大きな重要ポイントあります。詳しくは工場案内時の説明させていただいております。

Point4

木材のチェックは一番のこだわり
通常の工務店やビルダーでは、弊社のような製材工場から現地に直接搬入されますが、弊社ではプレカット工場から一旦、自社工場に持ち帰りチェックします。
その後、木の向きの確認や仕上げの塗装をしてから現地に直送されます。
他社のように上棟日に、初めて木材を見たのでは取り換えがきかず、不具合品もそのまま施工されることになります。

Point5

湿気の経路には防虫・防腐加工を施した木材を使用
破風や胴縁といった目に見えない湿気や水分の通る可能性がある外部には、防虫・防腐剤を使用し、湿気対策を万全にしています。
木材には湿気や水分が最大の敵になります。

Point6

基礎の鉄筋のピッチが細かい
建築基準法では、直径10mmの鉄筋を30cm間隔で良いとされています。
これを20cm間隔で施工する工務店が多い中、弊社では、直径13mmの鉄筋を15cm間隔で鉄筋を組んでいます。

Point7

断熱材は高性能グラスウールを使用。密度も細かい14K
グラスウールの素材は、ガラス繊維で出来ています。
ここに撥水性を持たせるための加工を施し、弱点を克服しています。
費用に対する効果は非常に高く古くから使われたことで弱点もわかっており安心して使用できます。

Point8

無垢材には特殊な撥水性のある塗装を施す
水をはじき、しみこまない性質を持つため、無垢の床材でも安心した暮らしやすさを得ることができます。
この塗料は天然素材でできており、小さなお子様にも安全です。

Point9

間取りは、構造面を最大に考慮
構造を全く無視した間取りには注意が必要です。
二階の力のかかる所の下部に柱がないというようなことが起きる可能性があります。構造面を重視するのは、永い間、安心してお住まいいただくためには大切なことです。

Point10

1棟1棟梁で大工工事を責任施工
棟梁としての技術を持ち、木の持つ性質を知り、経験を活かしつつ丁寧な施工を行います。
一人棟梁性は、責任感と達成感を併せ持つことができ、お客様の信頼度も高くなっています。