スタッフブログ

クロスについて

2020/07/09(木) 家づくりのこと

皆さま、こんにちは!
前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで
快適な家づくりをしている寺島製材所の田中です。

先週に引き続き、クロスに関連した内容で
内装の配色を決める際のポイントをお伝えしたいと思います。

配色で最も大きい色を「ベースカラー(基調色)」、次に面積を占めるメインの色を「サブカラー、アソートカラー(従属色)」と言います。
インテリアのカラーコーディネートでは、まずこの二つのカラー決めることが重要で、
最後にアクセントカラー(強調色)を決めて色を組み合わせることでバランスの良いお部屋が生まれます。

基本的に、バランスのよい内観のカラーコーディネートは、
メインカラー:サブカラー:アクセントカラーを70:25:5パーセントに配分するのが基本です。

そして もうひとつの基本は下から上に向かって明るい色を選ぶこと。
一番暗いのは床材・その次に壁・そして天井は一番明るく。

また、天井が木調だと、天井が低く感じ圧迫感を与えやすいですが、この事が逆に和室などには落ち着きを持たせてリラックスできます。
床の色は一般的に濃くなるほど高級感を増して格調高くなり、薄くなるほど軽く若々しくやさしい印象になります。

壁の一部分にデザイン性のあるクロス・アクセントカラーなどを配色すると簡単にセンスの良い部屋となります。
部屋の雰囲気を決めるのはクロスだけではありませんので、カーテンなどのファブリックも部屋全体のバランスを考えて配色したいですね!

同じ間取りでも、配色によって雰囲気がガラッと変わります。是非お部屋の配色を楽しんでみてください。

話が少し変わりますが、

クロスのメーカーさんは有名なところで言うとサンゲツ・リリカラ・シンコール・ルノン・東リ・トキワなどがあります。
中でもサンゲツさんは国内シェア約50%と業界最大手で、
キャラクターもののクロスでムーミンやスヌーピーのクロスを取り扱っています。

他のメーカーさんもキャラクターものを取り扱っていますので、気になる方は調べてみて下さい。

上で挙げたメーカーさんは一般のお客様向けにショールームを設けているところもあります。

群馬県にショールームを設けている会社さんは残念ながらありませんが、
ショールームの壁紙サンプルは大判が用意されているので、よりイメージがしやすいと思います。

例えば最大手のサンゲツさんでは、キッズスペースや休憩スペースもあり、一般のお客様でもとても行きやすそうで、
予約をすれば、アドバイザーさんも付いてくれるそうです。

実際に壁紙が貼られた空間展示があるので、壁紙以外のことでも家づくりのヒントがもらえるでしょう。
クロスのメーカーさんはカーテンも取り扱っていることが多いので、ついでにカーテンもみれます。

お時間がある方は是非ショールームに行かれることも検討されてみてはいかがでしょうか。

 

もしインスタグラム、フェイスブックをやっていたら是非フォロー、いいね!してくださいm(__)m

⇒インスタグラムはこちら

⇒フェイスブックはこちら

 寺島製材所が手がけた素敵なお家。気になる方はこちらから!

記事一覧

1ページ (全79ページ中)

ページトップへ