スタッフブログ

木製ルーバー

2020/01/16(木) 家づくりのこと

皆さま、こんにちは!
前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで
快適な家づくりをしている寺島製材所の田中です。

家を建てる際、周辺からのプライバシーを守りながらも通気や採光も確保したい。
そしてもちろんファサードのデザインや室内からの景観にもこだわりたい。
そのような時、木製ルーバーを検討されてみてはいかがでしょうか。

ルーバーは、羽板と呼ばれる細長い板を、枠組みに隙間をあけて平行に組んだものです。
羽板の取付角度によって、日除け、雨除け、通風、目隠しなど様々な役目がありますが、
今回の場合は玄関が道路に面しているので、目隠しとしての意味合いが強くなっています。

現在建築中のモデルハウスには室内と玄関ポーチに木製ルーバーがつきます。

上の写真は玄関ポーチに取付ける木製ルーバーの材料です。
当社工場で製材した原板から加工し、塗装まで施します。

来月のオープンに向けて各職方が頑張っていますので、
完成した際には、新モデルハウスを是非ご覧になっていただきたいと思います。

 

もしインスタグラム、フェイスブックをやっていたら是非フォロー、いいね!してください。

⇒インスタグラムはこちら

⇒フェイスブックはこちら

 寺島製材所が手がけた素敵なお家。気になる方はこちらから!

記事一覧

1ページ (全70ページ中)

ページトップへ