スタッフブログ

野地板

2019/10/17(木) 家づくりのこと

皆さま、こんにちは!
前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで快適な家づくりをしている寺島製材所の田中です。

この場をお借りしまして、この度の台風19号の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。被災された皆様が、一日も早く平常の生活に戻ることができますようお祈り申し上げます。

さて今回は屋根下地に使用される野地板についてお話したいと思います。

当社では瓦屋根の下地材には杉の無垢板を用いることにしています。

恐らく大半の会社さんが、屋根の下地に使う野地板は合板です。合板では湿気・結露に弱いので屋根が傷むのが早いです。
なぜ多くの会社さんが合板を使うのかといえば、入手の手軽さや、杉の無垢板は合板よりも小幅なので大工さんの手間がかかるからです。

そんな理由から、当社では野地板は耐久性の良い杉の無垢板を標準仕様にしています。

無垢材にこだわる当社ならではの家づくりポイントの一つでした。

 

もしインスタグラム、フェイスブックをやっていたら是非フォロー、いいね!してください。

⇒インスタグラムはこちら

⇒フェイスブックはこちら

 寺島製材所が手がけた素敵なお家。気になる方はこちらから! 

記事一覧

1ページ (全65ページ中)

ページトップへ