スタッフブログ

我が家②

皆様こんにちは(^^)

 

前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで

快適な家づくりをしている寺島製材所の窪田ですm(__)m

 

日頃、モデルハウスや完成見学会にてお客様に「造作の棚」についてお話する時、

まず見た目がスッキリする事、お手入れが楽である事、地震の時倒れて来ない事

など、とてもメリットがある事を伝えておりますm(__)m

しかしながら我が家に帰り洗面所に向かうと、思いっきりホームセンターで買った

キャスター付きのプラスチック物置きが鎮座しているではありませんか(´;ω;`)ウッ…

 

これでは、いかに造作の棚が便利であるか体験をお伝え出来ない!と奮起し、いざ

レッツDIY♪

とりあえず、洗面化粧台と洗濯機の間に造作の棚を設置しようではありませんか!

 

現状、この有様です↓

なぜ紙ヤスリがここにwww

とりあえず棚を設置するスペースを確認します。

おお・・・ホースが・・・(^^;)

そしてもちろん、巾木(ハバキ)も・・・(^^;)

これは当たりを取らねばなりませんね。

幸い、隣の実家に父親という大工職人が居ますので、材料の調達&棚作成の

相談をしみたところ、暇だから手伝ってやらぁ~、との事。

作成過程は長くなるのでここでは割愛いたしますが、我が父親ながら大工さん

は凄いなぁと感心する良い機会にもなりました(^^)

 

さて、出来上がった棚を設置致します↓

 ジャスト・フィット!綺麗に収まりました。

心配していたホースや巾木の当たりも問題無いようです(^^)v

天板には防水の塗料を塗ってあるので、多少の水濡れは大丈夫ですが、全体を

白く塗装したらもっとマッチするかもしれません。

中の棚は稼働棚にしました↓

半日かかりましたが、それなりに棚が出来ました(≧▽≦)

やはり、後ろの壁との間に隙間が出来ないので、お掃除は楽そうです!!

あとは見た目スッキリですね。稼働の棚を付けましたが、洗濯カゴを中に入れて、

その高さで固定しましたが、今後この高さを調節する事があるのだろうか・・・

と思いました(多分、今の洗濯カゴが壊れて違うサイズの洗濯カゴを買った時に

調節する機会があるのかと・・・)

これから新築される方は、ぜひ最初から収納を造作で多めに作られる事を改めて

オススメいたします。

 

では、また来週m(__)m

 

⇒インスタグラムはこちら

⇒フェイスブックはこちら

 

寺島製材所が手がけた素敵なお家。気になる方はこちらから!

記事一覧

1ページ (全61ページ中)

ページトップへ