スタッフブログ

無垢床のお手入れ

2019/10/21(月) 家づくりのこと

皆様、こんにちは(^_^)/

前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで快適な家づくりをしている寺島製材所の野村です。

 

日も短くなり、朝晩は気温も下がり涼しくなって参りました。

今年もあと約2カ月となりますが、月日が経つのがとても早く感じられる、今日この頃です( ̄▽ ̄;)

 

さて、秋のお手入れシーズンとして、本日は無垢床のお手入れについてお伝えさせていただきます。

 

弊社では、製材所ならではの無垢の床材を標準仕様とさせていただいておりますが、よくお手入れについてご質問がございます。

無垢の床だと、お手入れが大変だとお考えの方も多いとは思いますが、弊社では浸透性の自然塗料を施させていただいております。

この自然塗料は、表面に被膜を作るタイプの塗料ではございませんので、木の呼吸を妨げずに調湿効果等も損なわれないため、手触り足触りも素材をそのまま感じられる事ができるんです♪

また、天然成分のため、健康と環境にも優しい自然塗料となっております。

この自然塗料の効果で撥水するため、汚れや水しみもつきにくく、長期に渡り美しさを保つ事ができます。

普段のお手入れは、水分が大敵のため、水拭きをたくさんされるよりも、フローリングワイパー等のドライシートでお掃除をしていただく程度で充分です。べたつき汚れがついてしまった場合は、ウェットシートやかたく絞ったタオル等で拭き取ってください。

 

無垢の木は、だんだんと色も濃くなっていきますので、経年変化が楽しめるのも特徴ですよ~(*^-^*)

 

それでは、また来週~(=゚ω゚)ノ

  

⇒インスタグラムはこちら

⇒フェイスブックはこちら

 

寺島製材所が手がけた素敵なお家。気になる方はこちらから!

記事一覧

1ページ (全65ページ中)

ページトップへ