スタッフブログ

式台をご存知ですか?

2019/12/19(木) 家づくりのこと

皆さま、こんにちは!
前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使った
ナチュラルで快適な家づくりをしている寺島製材所の田中です。

突然ですが、式台をご存じでしょうか。

式台は、もともと武家屋敷において身分の高い来客を迎えたり、
草履などを履かずに駕籠(かご)に乗るための板張りの部分で、いわゆる表の玄関に設けられていました。
この式台付き玄関は、現在の玄関と異なって外部に設けられるため、
屋根はあるものの雨の降り込みなどに対しては、無防備だったようです。

武家屋敷では一般の出入りに使用する通用口(内玄関とも呼びます)や勝手口の他に、
こうした正式な訪問を迎え入れる、家格を表す表玄関が必要でした。
この表玄関に設けられるのが「式台」です。

現在では玄関にある上がり框(かまち)より一段低い「段」の部分のことを指します。
現在の個人住宅ではこの「式台」、広幅の一枚の厚板で設けることが多いわけですが、
玄関の土間と床面の段差の緩衝を主な目的として設けられることが多いです。
履物を履くときに腰掛けるのですが、今ではほとんど見ることはないですね。
しかし、女性がブーツなどを履くときには便利だと思います。

上の写真ではわかりにくいかもしれませんが、幅広の厚いヒノキの板を使用しています。
洋風な造りの住宅が多いため、この式台を付けることは珍しいですが、和風の造りの玄関もとても素敵だと思います。

式台では雰囲気に合わないという方のためにこのような商品はいかがでしょうか。

ちょっとした腰掛けや靴の脱ぎ履きを座ってらくにするために
OLISU(オルイス)壁付収納椅子という商品があります。
椅子に脚がないことで、使う人の座面高さに合わせて、取り付けることができて、
まるでオーダーメードのような使用感です。
使わないときは、座面を収納できるので、狭いスペースでも椅子を設置することができます。
介護の面でも使用できますし、スタイリッシュなデザインなので、洋風な住宅にも合うと思います。

以上、家づくりに際して参考になれば幸いですm(__)m

 

もしインスタグラム、フェイスブックをやっていたら是非フォロー、いいね!してください。

⇒インスタグラムはこちら

⇒フェイスブックはこちら

 寺島製材所が手がけた素敵なお家。気になる方はこちらから!

 

記事一覧

1ページ (全70ページ中)

ページトップへ