スタッフブログ

磁石がつく 石膏ボード

2019/06/13(木) 家づくりのこと

皆さま、こんにちは!
前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで快適な家づくりをしている寺島製材所の田中です。

今回は磁石がつく石膏ボードの紹介です。

この石膏ボードは業界トップシェアを誇る吉野石膏さんから発売されています、「タイガーFeボード」という製品です。

鉄の粉を表面に塗ってあり、従来の石膏ボードと同じように施工できます。

メーカーの元々のコンセプトとしてはA4用紙2~3枚程度が張り付く強さを考えているようで、
たくさんの紙などを張り付けたい場合は、磁石側を強いモノで対応すれば大丈夫のようです。

ただし、カレンダーを貼りたいという方には難しいですが、、、

絵やポスター、写真、お知らせの紙などを貼れるので、画びょうを使わず壁が傷つきません。
子供や高齢者が居ても画ビョウを踏む心配が無いため、安全です。


壁に掲示物を貼る方法は一般的には

■ホワイトボード

■マグネットクロス

という方法がありますが、上記の二つの方法には欠点があります。

「ホワイトボード」も「マグネットクロス」も「一般のクロス」よりも厚みがあります。
厚みに違いがあるので必ず「見切り」が必要です。

見切りがあっても問題ないところ、ニッチのような凹んだ壁のところ

このような場所ならいいですが、そうでない場所には、この「見切り」が邪魔になると思います。

タイガーFeボードは従来の石膏ボードと厚みが同じなので、マグネットにしたい部分だけを、「Feボード」に変えるだけです。

以上のような観点から、当社のお客様にはタイガーFeボードをお勧めさせて頂いています。

お家づくりをご検討中の方は是非採用してみて下さい!

 

もしインスタグラム、フェイスブックをやっていたら是非フォロー、いいね!してください。

⇒インスタグラムはこちら

⇒フェイスブックはこちら

 

寺島製材所が手がけた素敵なお家。気になる方はこちらから!

 

記事一覧

1ページ (全59ページ中)

ページトップへ