スタッフブログ

エアコン

2019/12/09(月) 家づくりのこと

皆様、こんにちは(^_^)/

前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで快適な家づくりをしている寺島製材所の野村です。

 

今年も残すところわずかですが、寒さはこれからが本番かと思います(; ・`д・´)

体調を崩しやすい季節ですので、十分にお気をつけください。

 

さて、お客様からも良く質問のあるエアコンについて、本日はお伝えさせていただきます。

お打合せをさせていただいておりますと、「エアコンのサイズ」についての質問が非常に多いです。

家電量販店さんへ行くと、良く「何畳用」という畳の広さにて記載されていると思いますが、そもそもこの「何畳用」…なんと1964年にされたそうなんですΣ(゚Д゚)しかも、それ以降は改正されてもおらず、当時の住宅性能を基準にされている表記のようです。

1964年というと、無断熱の住宅もあった時代のため、現在の気密・断熱性能のある住宅と比較をすると、合っていない可能性もあるんですね(;^ω^)

ただし、だからといって、広い部屋にコンパクトなエアコンでも大丈夫かというと、そうでもなくエアコンがフル稼働し効率が悪い事もありえます。

 サッシの大きさや、方角、間取り(換気扇の影響・階段の位置・吹き抜けの有無)、屋根材の種類、庇や軒、カーテンの性能などなどにもより、冷暖房の効率は変わってくるんです。

 

暑さや寒さの感じ方は、人それぞれでもありますので、+αの方法を考えておく事もいいかもしれません♪

「サーキュレーターを使って効率UP」「室内全体ではなく、足元だけを暖める用にストーブやカーペット」「冷感・温感タイプのインテリアや寝具を使う」「着込む…(;^_^A」

何事も一長一短だと思いますが、快適にお住みいただけるように色々なご提案がしていければと感じられました!

 

それでは、また来週~(=゚ω゚)ノ

  

⇒インスタグラムはこちら

⇒フェイスブックはこちら

 

寺島製材所が手がけた素敵なお家。気になる方はこちらから!

記事一覧

1ページ (全69ページ中)

ページトップへ