スタッフブログ

外壁塗り壁下地

2020/06/04(木) 家づくりのこと

皆さま、こんにちは!
前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで
快適な家づくりをしている寺島製材所の田中です。

梅雨入り前だというのに、もうすでに暑いです。
例年、夏の時期はこげぱんになります。
暑さ対策をしっかりして、
皆さんも熱中症にならないように気を付けてくださいね。

さて、弊社の外壁は塗り壁が基本仕様になっています。
塗り壁はクラック・ひび割れ対策が重要になりますが、
弊社ではアングルラスという金網を使用して対策をしています。

アングルラスとはモルタルなどを塗る前に張る金網のことです。

細かい網目がモルタルをガッチリ捉えて剥離しません。

モルタル下地は下塗り・中塗りと二回行いますが、
厚さ20ミリのモルタルでも決して剥がれ落ちたりはしないので安心です。

ちなみにラス網は何種類かあり、

平ラス・こぶラス・波形ラス、リブラスという種類に区分されます。

それぞれ形状や用途が違うのでちょっと分かりにくいです。

弊社の使用するアングルラスはリブラスという種類になります。

大変重要な作業になりますが、しっかりと施工されています。

次の工程はモルタルの下塗り作業になりますが、
その作業工程も投稿できればと思います。

 

もしインスタグラム、フェイスブックをやっていたら是非フォロー、いいね!してくださいm(__)m

⇒インスタグラムはこちら

⇒フェイスブックはこちら

 寺島製材所が手がけた素敵なお家。気になる方はこちらから!

記事一覧

1ページ (全79ページ中)

ページトップへ