スタッフブログ

外壁(塗壁)

2019/04/14(日) 家づくりのこと

皆様こんにちは(^^)

 前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで

快適な家づくりをしている寺島製材所の窪田ですm(__)m

 

お花見日和となりました。

まさか雪が降るとは思いませんでしたが・・・冷え込んだおかげで、桜が少し

長持ちしているような気がします。

 

さて、弊社では外壁が塗り壁を標準としております。塗り壁と聞くと、皆様メン

テナンスについて心配されます。その際、我々ハウスコンシェルジュは割れや

汚れに強い施工を心がけておりますので、大丈夫ですとお伝えしています。

具体的には、下地にアングルラスという モルタル等塗付下地用下地を採用し

そこにモルタルを2度塗りし、さらにグラナダとういう施工仕様により、多様

な意匠性を生みだし防水性・耐候性に優れた仕上げ材を塗っております・・・

と説明させて頂いておりますが、全く想像つかないと思います(´;ω;`)ウッ…

 

そこで今回はモルタル塗りの段階での現場をご紹介致します(^^)

職人さんが外壁に塗るモルタルです。

人力でこねる事も出来ますが、とても重労働なので、機械でこねています。

弊社モデルハウスのモルタル塗り真っ最中の現場です。

2階部分にモルタルが既に塗られた状態で1階部分には下地のラス材が見えます。

もう少し近づいてみましょう。

左半分がモルタル塗り済み、右側がこれから塗る下地のラスです。

綺麗に塗られています(^^)

まだ一度目の塗りですので、全体を仕上げて、一度乾かした後、さらに

モルタル塗りを重ねていきます。これにより、割れを防ぐ事が出来るのです。

 

弊社以外でも塗壁を採用している住宅メーカーさんは沢山ありますが、いかに

長持ちする綺麗な外壁に仕上げるかは、工程と施工技術に大きく左右されるも

のです(>_<)

 

昨今、残念な事に建築業界では適切では無い工法・施工が問題となりメディア

などでも取り上げられております。

弊社ではこれからも外壁に限らず、建物全体に関して細部まで丁寧な施工を

心がけて参りますので、どうぞご安心くだい。

 

では、また来週m(__)m

 

⇒インスタグラムはこちら

⇒フェイスブックはこちら

 

寺島製材所が手がけた素敵なお家。気になる方はこちらから!

記事一覧

1ページ (全58ページ中)

ページトップへ