スタッフブログ

塗り壁のパターン決め

2019/06/11(火) 家づくりのこと

前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで快適な家づくりをしている寺島製材所の飯塚です。

 

先日、前橋市K様邸にて外装のパターン打ち合わせをしました。

塗り壁は職人さんのコテ次第で様々な模様ができあがります。

 

溝があまりできないあっさりした仕上げから、溝をはっきりさせたものまでできます。

汚れがついてしまうことを皆様考えられますので、少し模様をつけつつも溝が深くならないものが多く選ばれています。

溝があるとほこりがたまりやすくなってしまうので ・・・

 

ただ、溝がはっきりしていると遠くからでも塗り壁だとわかるので雰囲気は際立つのですが・・・

 

 

また、K様邸は内装にも漆喰を選ばれていましたので、記念に手形をつけました。

 

 

 室内の漆喰には調湿効果もあり体にも良いのですが、こういった家づくりの思い出も作れるのでおすすめです。

 

記事一覧|2019年6月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ