スタッフブログ

外構部の木質化支援事業

2019/05/16(木) 家づくりのこと

皆さま、こんにちは!

前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで快適な家づくりをしている寺島製材所の田中です。

建築資材部で木材・新建材の仕入・管理などを担当していまして、今回から木曜日担当でブログを書かせて頂くことになりました。

 

今回は国が進める事業をご紹介させて頂きます。

「外構部の木質化(木塀、木柵等)の支援事業」(林野庁予算)

塀やウッドデッキなどを木質化する場合に一定額の助成が受けられる制度になります。

一般的に塀は、ブロックやアルミなどの素材で造られますが、木質化することを条件に助成がなされます。

今まであまり木材利用が進められていなかった分野で木材需要の創出を図ることが主な趣旨です。

主な実証事業の内容は以下(資料抜粋)

◯対象施設
・塀 ・柵 ・ウッドデッキ・門扉等・その他に類する外構施設など

◯木材
・合法伐採木材(クリーンウッド)*適正に伐採された木材で所定の耐久性を有する木材

◯助成額
・塀等の延長1Mあたり30,000円〜の定額助成
(施工業者、使用方法他により異なります)

・デッキ等は木材使用量1M3あたり300,000円〜の定額補助
(施工業者、使用方法他により異なります)

*詳細については長くなりますので、割愛させていただきます。

事前に申請をする必要があるため、現在新築やリフォーム等の計画を進められている方や、

今年度中に、上記の施設を設置したい方が対象となります。(予算額に達し次第、終了となります)

ただ、助成金の受取は施工会社になりますので、施主の方は値引きで対応をして頂くような感じになると思われます...

木塀を設置したい、ウッドデッキを設置したいとお考えの方は、このような助成は今までありませんでしたからチャンスだと思いますので、

弊社までご相談ください。

 

記事一覧

1ページ (全58ページ中)

ページトップへ