スタッフブログ

続・事務所増設工事

2019/02/17(日) 日々のこと

皆様こんにちは(^^)

 

前橋・高崎・渋川を中心に、群馬で本物の木を使ったナチュラルで

快適な家づくりをしている寺島製材所の窪田ですm(__)m

 

まだまだ寒い日が続きます・・・が!来週水曜日は20度近くまで気温が上がるとの事です。

予報では雨ですが暖かく湿気が多い日となり、インフルエンザの沈静化に繋がる事を期待

しつつ、花粉の飛散を恐れて日々過ごしております(´;ω;`)ウッ…

 

さて、先日のブログでCLT工法で弊社事務所の増築工事を進めているという記事がありました!

いよいよ明日、建て方(一般住宅でいう上棟)となります♪

ここでちょと、CLTについておさらいしておきましょう。

 弊社に搬入されましたCLT材です。

CLTとは、Cross Laminated Timber(クロス・ラミネイティド・ティンバー)の略で、欧州で

開発された工法です。画像にありますように厚い板の層を各層で互いに直交するように積層

接着した厚型パネルのことをCLTとよびます。

一般的によく知られている集成材は、張り合わせる板の繊維方向が並行方向に張り合わせるの

に対して、CLTは、繊維方向が直交するように交互に張り合わせていきます。

 特徴としては、寸法の安定性が得られる事と、断熱性に優れ、非常に大きなパネルなので、

耐震性も確保しています。

↑基礎コンクリートから突き出したロングなアンカーに差し込んで組んでいくのも特徴です。

かなりザックリで言葉足らずですが、CLTについて説明させて頂きました(>_<)

そんな工法で増築工事が進んでいくわけですが、CLT工法での2階建ては群馬県内では初の試み

とのこと!!

ぜひ、弊社にお越しの際はCLTの事務所増築部分に注目してみてください(≧▽≦)

 

では、また来週m(__)m

 

⇒インスタグラムはこちら

⇒フェイスブックはこちら

 

寺島製材所が手がけた素敵なお家。気になる方はこちらから!

記事一覧

1ページ (全52ページ中)

ページトップへ